Site Loader

スタッフの待遇が良い介護現場を探そう

介護の仕事は、介護事業の種類や利用者の要介護度などによりますが、身体的な負担の大きい業務が多い傾向があります。そうした中、一つの職場で介護職員として働き続けるうえで、雇用形態にかかわらずスタッフの待遇の良い職場を選択することが重要です。例えば、業績の良い社会福祉法人や株式会社が運営する老人ホームやデイサービス事業所などでは、介護職員の定着率を高めるため、基本給をアップしたり、新たに手当てを設けたりしているところも多くあります。また、介護業務の経験が少ないスタッフを対象に、先輩によるマンツーマンの研修を実施している事業所の数も増えており、新卒者やブランクがある人も安心して業務をこなすことが可能です。

働きながら介護の資格が取れる職場がおすすめ

介護福祉士や介護支援専門員などの有資格者の採用や育成に積極的な介護事業所では、スタッフの資格取得に向けて様々な形でサポートが行われています。数ある事業所の中でも、勤続年数や勤務態度など一定の条件を満たすスタッフに対して、資格取得に必要な学習の費用を援助しているところや、終業後に勉強会を開いているところは、多くの求職者の間で人気が高まっています。資格が取れるまでに必要な期間や業務経験については、資格の種類や人それぞれの学歴や職歴などに大きく左右されるため、早いうちから必要な情報を集めておくことがおすすめです。なお、介護業界を目指して求職活動を始めるにあたり、なるべく有資格者のスタッフが多い事業所の求人を優先的にチェックしてみると良いでしょう。

介護の求人を東京で考えるのであれば、インターネットのサイトが良いかもしれません。新聞の折り込みチラシにも載っていますので、そこから探すのも良いでしょう。