Site Loader

薬剤師になるために必要な資格の取得

薬剤師とはその名の通り、医薬品の処方や調剤を行う職業になります。この仕事に就くためには、国家資格に指定されている薬剤師の資格を取得しなくてはいけません。とはいえ、この資格は誰でも受験ができるわけではなく、6年制の薬科大学などに通って専門の知識と技術を学ぶことが条件とされています。
基本的な流れは、1~4年の間に知識を身につけた後に試験を受けて、合格後に5~6年で技術を学ぶ形です。これは国立、私立どちらの大学でも変わりはありません。

勤務地によって異なる仕事内容

気になる薬剤師の仕事は、働く勤務地によって若干内容が異なります。一般的な病院勤務の場合、薬の調剤業務の他に外来や入院患者に対する服薬指導や薬歴の管理なども行わなくてはいけません。
時代の移り変わりの中で需要が増加傾向にあるドラッグストアーや薬局などでも処方箋に基づいた薬の調合や服薬指導がメインとなります。ドラッグストアーは医師の処方箋が無くても購入できる市販の医薬品なども取り扱っているので、これらを求める人にアドバイスをするのも仕事です。

効率の良い求人の探し方

薬剤師として病院での勤務を希望する場合におすすめとなるのが医療専門の求人サイトの利用です。薬剤師は資格の取得が難しいという理由から需要の多さに対して人手が不足しているのが実情です。こうした理由から他の仕事に比べて求人の募集も多く、サイトを通して福利厚生など自分の希望の条件で働ける場所を探すことができます。
一方、ドラッグストアーや薬局は費用を抑えるためにお店に求人募集の張り紙をしているケースも少なくありません。店頭の募集は意外と見落としがちになってしまう部分なので、実際に足を運んで確認をすることが大切です。

薬剤師のシニア求人の需要が高まっています。公立病院等を定年退職した薬剤師の人達は、その経験が買われ大手フランチャイズの調剤薬局からの求人が多くなっています。