Site Loader

警備員の仕事の内容とは

ショッピングセンターや工事現場など、様々な場所で警備員を見かけますが、警備員の仕事は第1号から第4号に分類されており、仕事の内容や働く場所も異なっています。第1号は施設警備であり、ショッピングセンターやテーマパークといった人が集まる場所や、住宅・ビルなどを警備する仕事です。第2号は交通誘導警備・雑踏警備で、工事現場での交通整理や人が集まる場所での誘導業務を行います。第3号は輸送警備となっており、現金輸送車や貴金属など、襲われる危険性が高いものを警備します。そして第4号は身辺警備です。依頼者に常に付き添って、身辺を警護します。

警備員のなり方と仕事の探し方

警備員になるには、特に国家資格や技能検定などは必要ありません。求人サイトや求人情報誌で募集している警備会社の求人に応募して採用されれば、誰でもなることができます。そして、警備業法によって定められた法定教育があり、業務に必要な知識を得ることができるので、未経験でも安心です。また、警備員の国家資格である警備業務検定に合格していれば、法定教育が免除されたり短い時間での法定教育で済むので、採用されてすぐに働けるというメリットもあります。

仕事を選ぶときの注意点

仕事を選ぶときに注意するべきことは、しっかりと給料が支払われ、自分に合った働き方ができる警備会社かを確認することです。後悔しないように、疑問点はしっかり確認しておく必要があります。また、自分の体力にも考慮すべきです。基本的に警備員は1日中立ちっぱなしですので、慣れていないとかなり疲れる仕事です。自分の体力面も、仕事を選ぶときの大切な注意点といえます。

警備員のバイトは、主に交通誘導や施設の警備などを行います。道路や駐車場、ビル、娯楽施設など、業務を行う場所は様々です。